点検作業の省人化や事故防止を支援する - ファシリティ・マネジメント

大規模施設の設備管理方法を見直さなければならない時代になっています。すでに効率化されつくしたこの領域は、従来の方法ではこれ以上の効率化を望むことが難しいにも関わらず、人材不足により設備の状態を確認するための労働力確保が年々困難になっています。

イメージイラスト

従来の設備管理は、人に大きく依存していました。大規模施設では、障害による影響が非常に大きいため、特に入念な管理体制がひかれていました。たとえば、営業終了後に監視員が厨房に出向き、出火の要因となりうる熱源やガス源が完全にたたれているかを確認していました。

Image Photo

これらの作業はIoTで代替することが可能です。ガスの漏出はガス検出センサーで、計器を読み取らなければならないようなものであっても画像処理によって値を取得することが可能です。敷地内にLoRaWANのネットワークを張り巡らせれば、取得したデータを無線でクラウドへ連携させ、各種可視化ツールで施設全体の状況を現地に赴くこと無く確認することができます。

しかし、その場合、施設全体にデータ取得用のデバイスが散らばることとなるため、その管理や運用が非常に困難となります。enebularを使用することで、それらの運用を容易にすることができます。

 

Getting started

ビジュアルプログラミングを利用したIoT開発やデータの可視化はこちら

ビジュアルプログラミングを利用したIoT開発やデータの可視化はこちら

Contact us

掲載中のユースケース・事例に興味のある方やIoT事業をお考えの方はこちら

掲載中のユースケース・事例に興味のある方やIoT事業をお考えの方はこちら