AIのエッジ運用を支援する
enebular AI empowerment

AIとIoTの組み合わせは非常に大きな可能性を秘めています。
さらに、AIをエッジで動作させることにより、すべてのデータをクラウドに連携するのではなく、必要なデータのみを連携することが可能となり、低コストで素早いレスポンスと高いセキュリティを実現することができます。

イメージイラスト

推論モデルをエッジ・デバイスで運用することで、
素早いレスポンス・通信量の削減・⾼いセキュリティを実現します。

enebularは、クラウドやエッジで動作することで、このような分散型のAIとIoTシステムの開発を支援します。また、enebularのもつ特長は、AIとIoTの組み合わせをより効果的なものとします。 例えば、一度作成されたAIモデルが永続的に有効であるとは限りません。よりよいAIモデルが開発された際には、古いAIモデルはアップデートされるべきです。enebularは、遠隔で様々な場所に散らばったハードウェア上で動作するAIモデルを更新することが出来ます。この特長は、時間や状況によって動作させるAIモデルを変更したい場合にも有効です。

enebularを活用した
AIとIoTのユースケース

イメージイラスト

樹脂製造工場
ノウハウのデジタル化で
歩留まりを改善

これまでは熟練工がライン状況を考慮して調剤投入量を調整していましたが、環境規制による材料変更で歩留まりが悪化。センサーデータと生産量や品質データの相関を学習することで、製品別の最適なレシピをデジタル化。また、センサーデータと生産計画に基づきレシピを遠隔から更新し、短期間でのライン更新を実現。歩留まり改善をめざします。

電子部品製造装置メーカー
予防保全機能を搭載し
止まらない装置を実現

新製品に予防保全機能を搭載し、止まらない装置を実現します。各種センサーデータと故障の相関を学習することで、これまで有効と思われていたものよりも重要なパラメータを発見。さらに次期モデルでは、AI推論モデルを搭載し、稼働中に点検・交換の自動アラート・ヘルプデスク連携機能を実装することも可能に。

工事現場
画像解析による進捗管理と
建機・資材の盗難防止

カメラ映像を一定間隔で解析し、変化量でおおよその工事進捗状況を把握します。変化量を異常値と判断して、現場監督にアラートメールを配信するなど、複数現場を担当する監督者の負荷を軽減します。さらには、夜間に推論モデルを自動で切り替え、建機・資材の盗難防止を行います。

イメージイラスト

ショッピングモール
お客様の属性に応じた
サイネージによる広告配信

セキュリティカメラの映像をリアルタイムに解析し、来場者の属性をカウント。季節・時間・イベントなどに紐付いたオススメ情報をサイネージに配信し、客単価を上げます。インテリジェントカメラで属性を判定し、サイネージと直接連携することで通信コスト軽減と高セキュリティを実現します。

 

Getting started

ビジュアルプログラミングを利用した
IoT開発やデータの可視化はこちら

ビジュアルプログラミングを利用したIoT開発やデータの可視化はこちら

Contact us

掲載中のユースケース・事例や
IoT事業をお考えの方はこちら

掲載中のユースケース・事例やIoT事業をお考えの方はこちら